ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼについて

首に出来るイボの種類のまとめ

首に出来るイボと一言で言っても様々な種類のイボがあります。自分のイボがどの種類のイボにあたるかを知ることがイボの治療の第一歩です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は年齢と共に発生するいぼの一種です。顔など紫外線が当たる箇所に多くできやすいため、一見ほくろやシミのように見えるのですが、指で触れると皮膚の一部が剥がれ落ちることがあります。ダーモスコピーで診断すると直ぐに判るため、気になる症状がある方は皮膚科を受診しましょう。また、このいぼは良性の腫瘍のためガン化する心配はありません。そのため放置しても問題はなく、除去する方は見た目の問題で行っています。外見上の問題がある場合はレーザーや液体窒素などで取り除き、1~2週間くらいで皮膚が再生します。健康保険が適用されるため費用は比較的少なくて済みます。いぼが大きくなったもの、女性で見た目が気になるものは皮膚科で切除してもらうと良いでしょう。

アクロコルドン

アクロコルドンは脂漏性角化症と同じ病変で、そのもの自体は良性の腫瘍です。脂漏性角化症と比べると突起が大きく皮膚の一部がぶら下がったように変化することがあります。首や胸、脇などにできる細かいタイプのいぼです。早い人では20代でできる人もいますが、多くの場合は中年以降に発生し徐々に数が増えていきます。紫外線の影響や摩擦、遺伝的な要素も原因のひとつだと考えられています。アクロコルドンは突起があるため小さいものならはさみでカットする治療が利用できます。傷跡も残らず痛みも少なく、麻酔は必要ありません。そのほか液体窒素やレーザーなどを使い除去します。健康保険が適用され治療費はそれ程大きくはなりません。小さいものははさみで、大きくなると液体窒素を利用することが多くなっています。

スキンタッグ

スキンタッグとはアクロコルドンより突起の部分が大きくなったものをいいます。見た目が多少異なるだけで病変は一緒で、良性の腫瘍のため見た目が気にならなければ放置しても問題ありません。多くの場合首にできるため、タートルネックやネックレスなどが引っかかり除去する方もいます。中高年で増えやすく、特に皮膚の弱い箇所で発生します。衣類の摩擦で炎症が起きている場合は除去したほうが良いでしょう。小さいものははさみで切り取ったり液体窒素、レーザーで除去できます。レーザー以外は痛みが少なく麻酔も不要なため手軽に除去が可能です。ただし液体窒素の場合は1度で取り除くことができないこともあるため、何回か治療が行われます。

懸垂性線維腫

懸垂性線維腫は首などにできた良性のいぼが垂れ下がったようになったものです。皮膚の一部が変化したもので、加齢と共に増加する傾向があります。ただし個人差があり、高齢者でも殆どできない人もいるため遺伝的な要素も影響していると考えられています。ウイルス性は持っておらず他人に移ったり、他の部分に広がったりしません。アクロコルドンやスキンタッグと比べると少し大きくなったものを懸垂性線維腫として区別しています。治療ははさみで除去する方法が一般的です。痛みは少なく麻酔は必要としません。また液体窒素を利用したり、電気メスで除去するなどの方法もあります。皮膚科に相談し傷跡が残りにくいものを選ぶと良いでしょう。年齢と共に大きくなりやすいため早めに除去したほうが容易に取り除けます。

軟性線維腫

軟性線維腫は良性のいぼが大きく変化したものです。体にできやすい特徴があり、1cm以上まで大きくなることがあります。皮膚から飛び出るように盛り上がり、見た目が気になることから除去する方も多いようです。一見悪性の腫瘍のようなイメージを持ちますが、検査をして軟性線維腫だと分かれば放置しても問題はありません。ただし年齢と共に大きくなる傾向があるため、気になる方は早めに除去すると良いでしょう。治療ははさみで除去したり、液体窒素を利用する方法もありますが、大きくなったものは形成外科で手術したほうが良いでしょう。突起したものははさみで切っても出血が少なく、痛みもあまりないため選択することができます。1cm以上になったものは麻酔をしてメスで取り除くと良いでしょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る