ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼ情報

老人性いぼが高齢者に多い理由

老人性いぼと何故呼ばれるのか

老人性いぼと何故呼ばれるのか

老人性いぼと聞いて、「あ~あの首にぽつぽつできるやつ!」と分かる人は多いと思いますが、老人性いぼという名称は別名何と言われるのかについては分からないという人が多いようです。正式名称の方が影に隠れている皮膚病であることは間違いありません。

いっそのこと、老人性いぼで統一した方が分かりやすそうですが、若い年齢層の患者が「老人性」と言われることでショックを与えてしまうことへの配慮もあり、脂漏性角化症という名前が付いているようです。

このことからも分かるように、老人性いぼがやはり老人の患者が多いようです。
40代から徐々に増え始め、80代以上で老人性いぼがないという人は滅多にいないとも言われます。年齢と比例するかのように患者数が増えて行くということが分かります。確かに、80代くらいの人になると、顔に大きなあざのようなものや、いぼを見かけることが多いですよね。しかし、若い人の顔でそれを見かけることは少ないように思います。

老人性いぼが高齢者に多い理由

老人性いぼが高齢者に多い理由はいくつかあるようです。理由別に見て行きましょう。

肌の老化

年齢を重ねるとヒトは老化します。髪の毛には白髪が混じるようになり、薄くなることもあります。肌にはシミやしわができますし、まぶたがへこんだり、顔がたるんだりします。これらすべて老化のサインです。

見た目にこだわってケアを怠らないという人でも、やはり年齢には勝てないものです。

顔や首にできる老人性いぼの理由も肌の老化によって起きます。肌が老化するというのは、肌のターンオーバー(生まれ変わり)が遅れてしまうことを指します。肌のターンオーバーが正常にはたらいている若い年齢の人は、肌にシミやしわが少なく、いぼができている人も滅多にいません。

顔や首にいぼができる年齢になると、顔のシミやシワも多いと言えますが、すべては肌の老化から来ています。

肌の乾燥

老人性いぼは、肌が乾燥している人の方ができやすいと言われています。顔にもできますが、割と首にできているのを見かけますが、首は顔と違って保湿ケアをする人が少ないからだとも言われています。顔の保湿ケアはほとんどの女性が行いますが、首まで行う人はどうしても少なくなります。

高齢者の肌は若い人の肌と比べて、確実に水分は少ないですし、乾燥しているように感じることが多いですよね。ただでさえ乾燥しているのに、保湿ケアを行わないと老人性いぼができてしまうようです。

紫外線

紫外線

老人性いぼの原因に紫外線があります。老人性いぼは高齢者ほどできている確率が高くなるのは、これまでに紫外線をたくさん浴びて来ているためです。積もり積もった紫外線は肌を黒くするだけではなく、老人性いぼを作る原因になります。

また、紫外線は肌を乾燥させますし、活性酸素を発生させるので、どうしても肌トラブルを引き起こします。老人性いぼができるのも、これらの自然の流れとも言えます。

老人性いぼを悪化させる要因

老人性いぼを悪化させる要因について見て行きましょう。老人性いぼができて、そのままにしておいても自然となくなることはありません。多くが、増えるもしくはできているいぼが大きくなるという流れになります。

老人性いぼを悪化させる要因として、一番の要因は老人性いぼをそのままにしておくことだと言われます。また、老人性いぼができる原因そのものを知らない人や知ろうとしない人は、紫外線ケアや保湿ケアを行うという考えがありません。このような考えがない人は、老人性いぼを増やしていきます。

高齢者の男性に特に老人性いぼが多いと感じますが、それは紫外線ケアや保湿ケアをしないからと言えるでしょう。また、老人性いぼができても治そうとしないからだとも言えます。

老人性いぼが高齢者に多い理由まとめ

老人性いぼが高齢者に多い理由まとめ

老人性いぼが高齢者に多い理由は、加齢によるもの、肌の乾燥、紫外線だと言われています。40代からできはじめる人が多く、80代以上になると老人性いぼがないという人は滅多にいません。年齢と共に、比例するかのように増えて行くことが分かっています。

さらに、老人性いぼの特徴として、何もしないでそのままにしておいても治らない、多くが老人性いぼが大きくなるもしくは、増えるということが分かっています。老人性いぼができたら、紫外線ケアを行い、肌を保湿するようにしましょう

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る