ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼ情報

老人性いぼは頭皮にできる!?特徴と対処法について

老人性いぼは頭皮にできる?

老人性いぼは頭皮にできる?

老人性いぼは頭皮にできることがあります。老人性いぼの多くは顔や首、腕などにできます。理由は紫外線によるものと、加齢によるものです。頭皮にできる老人性いぼも、紫外線によるものと加齢によるものです。頭皮と言っても、もとは顔から1枚の皮膚でつながっているのですから、特別というわけではないのです。

しかし、頭皮にできたデキモノが老人性いぼなのかどうかについては髪の毛でおおわれていて分からないということが多いようです。頭皮にできるいぼや吹き出物にはいくつか種類があります。自己判断で老人性いぼと決めることがないようにしたいものです。見えにくい場所はやはり皮膚科での診察を受ける方が確実でしょう。

老人性いぼの特徴(頭皮編)

顔や首に老人性いぼがある場合は、頭皮にできる可能性もそうでない人に比べて高くなります。特に健康上に害を及ぼすことはありませんが、シャンプーや髪の毛をくしでとかすときに、痛みを感じることもあるようです。毎日のことですから、気になるという人が多いのではないでしょうか。

頭皮に紫外線が当たることで顔と同じようにメラニンが蓄積されます。このメラニンの蓄積により、シミができます。このシミが長年そのままにされることでいぼに変化します。頭皮の老人性いぼは、シミの最終段階とも言えます。頭皮という普段よく観察することができない場所だからこそ、シミになっていることも気が付きませんし、いぼになって手に触れるようになってようやく気が付くということなのです。

予防法について~紫外線ケア~

頭皮にできる老人性いぼの予防法は、紫外線予防をすることから始まります。

帽子をかぶる

予防法について~紫外線ケア~

例えば、帽子をかぶることが一般的な予防法として知られています。特に、男性は女性に比べて紫外線のケアに無頓着な人が多いのですが、その結果頭皮に老人性いぼができやすいとも言われています。

日傘の使用

最近では男性でも日傘をさしている人を若い人を中心に見かけるようになりました。男性が使うような日傘が多く販売されているのもひとつの理由なのかもしれません。あまり見慣れない光景なのでビックリされる人もいるかもしれませんが、頭皮の健康を考えると、このような男性の行動は将来的に良い影響を与える行動です。

女性の場合は、日焼け止めに日傘に帽子・・・というような厳重に紫外線カットを行う人が多いのですが、それでも頭皮の加齢に伴って老人性いぼができることはあります。

紫外線ケア用のスプレーを使う

髪の毛と頭皮用の紫外線予防効果のあるスプレーがあります。帽子をかぶれないときには、このような紫外線ケア商品を使うことも考えて行きましょう。

また、男性なら誰しも気になるのが髪の毛の問題です。頭皮に紫外線が当たることで抜け毛が起きやすくなり、薄毛につながるとも言われています。

予防法について~頭皮ケア~

頭皮にできる老人性いぼの予防として、頭皮をケアするという方法があります。頭皮のマッサージを普段から行っているという人は少ないのですが、実際は頭皮のマッサージを行うことによって、老人性いぼを予防することができるのです。

<アプリコットオイルでマッサージ>

<アプリコットオイルでマッサージ>

杏のエキスから作られたアプリコットオイルは頭皮のマッサージに使うのに最適です。アプリコットオイルは天然成分で作られたオイルですし、老人性いぼにアプリコットオイルが最適であることから考えても効果が高いことが分かります。

 

<頭皮の乾燥を防ぐ>

加齢に伴って、頭皮がかゆいという症状を訴える人が多くなりますが、これは肌の乾燥と同じです。肌も加齢に伴って乾燥しやすくなり、水分が少なくなりますが、これは頭皮も同じです。頭皮の乾燥を防ぐシャンプーなどを使うことによって、頭皮の老化を防ぎましょう。また、頭皮がかゆくなることがあっても、むやみにかかないということも大切です。頭皮をかくことで、頭皮に傷がついてしまいます。

老人性いぼは頭皮にできる!?特徴と対処法についてまとめ

老人性いぼは、顔や首と同じように頭皮にもできることがあります。頭皮にうけた紫外線が根本的な原因になっていることが多く、シミが最終的にいぼになるようです。予防のためには、紫外線ケアと頭皮を乾燥させないようなケアを行うことが大切です。老人性いぼは普段の生活の中で気を付けられることが多いので予防法を習慣化することが必要です。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る