ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼ情報

老人性いぼを液体窒素で治すとしたら?

液体窒素を使った治療法について

液体窒素を使った治療法について

皮膚科で行われる液体窒素を使った治療法は、-196℃の液体窒素を老人性いぼの患部に当てて、組織を凍結・壊死させる方法です。いわゆる、低温やけどを無理に起こすことで、肌の入れ替わりを促す方法です。老人性いぼのひとつひとつに液体窒素を当てて行くのですから、老人性いぼの個数が多ければ治療時間もかかります

無理に低温やけどを起こすとなると、気になるのが痛みがあるのか?ということです。液体窒素を使った治療法は麻酔をしませんので、治療中の痛みはそのまま伝わります。痛みの感じ方に個人差があるとは思いますが、少し痛いくらいと言えるでしょう。基本的に麻酔をしないでいい治療法なので、激痛ということはありません。しかし、老人性いぼが多数あれば、多くのいぼを低温やけどさせるのですから、痛くないとは言えないでしょう。

また、1回の治療で確実に老人性いぼ治るのか?ということが気になりますが、1回で治療が終了するのは難しいと言えます。何度か液体窒素を当てて、治していくという流れが一般的です。ですから、老人性いぼの液体窒素治療は通院の手間はかかります。

老人性いぼの液体窒素治療の流れ

  1. 綿棒などに液体窒素を含ませ、患部に押し当てます(いぼの大きさによって患部に押し当てる時間には差があります)
  2. 組織を低温やけどさせることで、翌日には水ぶくれが生じることもあります(水ぶくれができない人もいます)
  3. 壊死した部分が黒く変色し、数日でかさぶたができます(黒く変色しない場合もあるようです)
  4. 10日~2週間で自然にかさぶたが剥がれ、新しい皮膚が再生されます
  5. 再診を受け、いぼの状態を見て再び液体窒素を使った治療を行うか判断されます

初診から10日~2週間後で再診なので、その間は自宅にて処方された薬を付けたり、紫外線ケアをしながら過ごします。目立つ場所の液体窒素による老人性いぼの治療は色素沈着などの問題があるので、避けた方がいいような気がします。

老人性いぼの液体窒素治療メリットとデメリット

液体窒素を使った治療法は、皮膚科でのいぼの治療法としてはポピュラーなものであり、多くの人がいぼの治療で皮膚科を受診した際に受けたことがある治療法だとは思いますが、メリットとデメリットというものが少なからずあります。

メリット

  • 健康保険適用の治療法である
  • 麻酔をしない手軽な治療法である

デメリット

  • 何度か通院しないといけない~月2回もしくは3回の通院が必要。
  • 思いのほか治療費がかかる~いぼの個数によって治療費が変わる皮膚科がほとんどです。
  • 医師の技術によって治療に差が出る
  • 何度治療しても効果が出ない場合はほかの治療法に変わる
  • 治療跡が残ってしまうことがある
  • 痛みを感じることがある

老人性いぼの液体窒素治療メリットとデメリット

皮膚科に行くと、液体窒素治療しか行っていないというところもあるようですが、治療に関してはメリットもデメリットもあるようなので、事前に知っておくことが必要です。個数が少なくて老人性いぼの大きさが大きくない場合は、治療もスムーズに行きますが、そうでない場合は考えなければならない問題がいくつかあるようです。

複数の治療法を並行して行うことも

老人性いぼが複数できている場合、それぞれのいぼに応じて治療法を変えて行くという方法が採用されていることがあります。例えば、液体窒素とレーザーを用いた治療法を並行するという方法です。
複数の治療法を並行して行うことも

いぼの大きさや深さによっては液体窒素では効果が出ないと判断された場合、レーザーによる治療法を行うこともあります。この場合は、病院にレーザー治療の設備があるかないかによっても変わって来ます。治療の選択肢が多い皮膚科を選ぶということも病院で治療をする際には考えなくてはなりません。また、液体窒素を使った方法とはさみを使った方法を並行するという皮膚科もあるようです。

老人性いぼを液体窒素で治すとしたら?まとめ

老人性いぼを液体窒素で治すことは、事前に考えておかないといけない点や知っておくことが多いようです。思いのほか、デメリットが多いという点も気になります。(通院回数、治療費、医師の技術の問題、傷跡、痛みなど)何も知らずに皮膚科で治療をすると思わぬことになることも。時間的な余裕や金銭的な面を含め、感想としては自宅でのケアの方が優れている点もあるような気がしました

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る