ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼについて

老人性いぼの基礎知識

症状

老人性いぼに関する基礎知識をまとめました。あの首にポツポツできるあれは一体、何?まずはあのポツポツの種類や原因、治療法などを知りましょう!

老人性いぼの症状

老人性いぼの症状は、1ミリや2ミリ程度のいぼが最初でき、更に放置しておくと数が増えたり大きくなったりします。特に紫外線に当たる箇所にできやすく、首や顔などには数多く発生します。色は黒っぽいものから皮膚の色まで様々、形も突起状になったり平らなど色々な種類があります。また、なかには痒みを伴ったり、見た目の悪さだけで何も症状が無いなどのケースも見られています。

老人性いぼができやすい箇所

老人性いぼができやすい箇所は、紫外線を多く浴びる場所です。顔や首に多く見られ、顔はメイクでUVカット機能が得られやすいのですが、首は日焼け止めの塗り忘れなどにより多数見られることもあります。首に一度できると数ミリの突起やシミ状のものが無数にできるため厄介なのです。高齢者の顔にたくさんのシミ、首に突起などを見たことがあると思いますが、それらが老人性いぼです。

原因

老人性いぼの原因

老人性いぼの原因は主に2つです。加齢によるものと紫外線の影響です。皮膚に突起ができたりシミのようなものができるのは一種の老化現象で、高齢者や場合によっては若い人でもできることがあります。しかしはっきりとした原因は良くわかっていない面も多く、遺伝的な要素も関係しているのではないかといわれています。元々持つ遺伝的要素に加え、後天的に紫外線を多く浴びる原因が考えられます。

ターンオーバーの乱れもひとつの原因

主な原因は紫外線による影響ですが、加齢により皮膚のターンオーバーが乱れるのも原因のひとつです。年齢と共に代謝が衰え老廃物が蓄積したり、古い角質が溜まってきます。これが原因となり、一部が盛り上がってくると考えられます。通常は垢として排泄されますが、年齢と共に代謝が落ち蓄積されていくのです。紫外線を避けると共に、日常生活でも代謝を上げる努力をすることをおすすめします。

治療方法

老人性いぼの皮膚科による治療

老人性いぼは皮膚科で治療が可能ですが、他の病気とも区別が付きにくいため素人判断で勝手に切除しないのがポイントです。皮膚科の医師にちゃんと診てもらい、老人性いぼだと判断できたときのみの治療を利用してみましょう。 小さなものははさみでカットしたり、液体窒素で凍結させる方法、レーザーによる切除、メスで取り除く方法などがあります。

老人性いぼの保険適用について

老人性いぼは健康保険が適用されるため安く治療ができます。ただし治療方法によっては全額自己負担となる場合もあり注意しましょう。保険が適用されるのははさみでカット、液体窒素、電気メスによるものです。美容の観点で切除するものは保険適用外となることが多く、レーザーは殆どの場合で自己負担となるため費用について確認した上で利用してください。

予防方法

老人性いぼは防ぐことができるか?

老人性いぼの原因がわかるなら、ある程度の予防はできるはずです。遺伝的要素は取り除くことができなくても、後天的な紫外線のダメージは努力次第で防ぐことができます。日頃からUVケアを心がけ、塗り忘れがちな首にもしっかりと日焼け止めを塗りましょう。また、はと麦などで予防する方法も民間療法としてはあります。はと麦は穀物の一種で、新陳代謝を高める効果が期待できます。

生活習慣の改善でも防げる

老人性いぼは、皮膚の代謝が落ちていることも原因のひとつのため、日常生活で新陳代謝を促す努力をしてみましょう。たばこ、ストレス、睡眠不足を防ぐと共に、バランスの栄養を心掛けて肌の生まれ変わりを促進させます。特にビタミン類は肌の代謝とも関係がありますから、毎日の生活でできるだけ野菜やフルーツを摂りましょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る