ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼ情報

老人性いぼは若年でもできるらしい

老人性いぼは若年でもできるのでしょうか。老人性いぼという名前ですから、ある程度の年齢を重ねてできるいぼだと思ってしまいますが、実際は若年でもできるらしいのです。若年なのに老人性いぼ?と思いますが、どのような診断が付いて、どのような治療をするのかについて見て行きましょう。

老人でないのに老人性いぼ?

老人性いぼの説明見ると、「40代以降からでき始めることが多い顔や首を中心にできるいぼ」とあります。40代でも「老人性いぼ」と診断されると、まだまだそんな歳じゃないのにと思ってしまいますが、皮膚科に行けばそのように診断されることが多いでしょう。

では、若年が同じようないぼで皮膚科で診てもらうとどのような診断が付くのでしょうか。老人性いぼかどうかはできたことがある人であれば、だいたいわかります。
しかし、若年の場合は、「脂漏性角化症」と診断されることが多いようです。
筆者の知り合いも、老人性いぼの診断が脂漏性角化症と言われたそうです。彼女は20代でした。やはり、若年に老人性~はきついものがあります。

若年の老人性いぼの特徴

若年の老人性いぼ(脂漏性角化症)の特徴は、やはり紫外線の当たりやすい場所にできるということです。筆者の知り合いも、女性ですが長年テニスをしてて、年中肌が焼けていました。紫外線を受けやすい目元や口の周りに肌色のポツポツしたものができていました。

若年の場合は、肌そのものが老化しているということはあまりないでしょう。
若年の老人性いぼの原因は、

  • 紫外線
  • 摩擦
  • 乾燥
  • 体質

が、主な理由と言えます。

紫外線は先ほどの彼女のように屋外でのスポーツや活動が多いと、どうしても浴びる量が多くなります。一般的な生活であっても、紫外線ケアを全くしない人は紫外線をたくさん浴びてしまいます。

摩擦は皮膚に摩擦を生じさせることです。皮膚をこすったり、洋服などでこすれたりすることです。皮膚に負担をかけることによって、老人性いぼができやすくなります。

乾燥は皮膚の乾燥です。皮膚が乾燥しやすい人というのはいます。若年はどちらかと言うと潤っていたり、脂が多く困っている人の方が多いのですが、最近では年中部屋にいる人はエアコンにより乾燥します。乾燥は皮膚の老化を早めてしまう要因にもなります。

体質というものもあります。両親の顔に老人性いぼが多くできているという場合、その体質的なものを受け継いでいる可能性もあり、それにプラスして紫外線や乾燥が重なると老人性いぼができます。

若年の老人性いぼの治療の方法

基本的に、若年であっても老人と言われる年齢でもあっても、老人性いぼを治す方法にはかわりはありません。大きく分けると、病院で治療するか自宅で治すかということになります。病院の場合はいくつかの治療方法がありますし、自宅であればどのようなケア商品を選ぶかで再び選択肢があります。

<病院>

主に皮膚科で治療することが多いと思いますが、病院での治療も健康保険の効くものと効かないものがあります。しかし、価格だけで決めることがないように、メリットやデメリットをしっかり把握するようにしましょう。また、通院が1回で済むものと、数ヶ月かかるという場合もあります。

  • 病院のメリット
    安心して通うことができる。健康保険が使える治療もある。プロに診察してもらえるので、他の病気?というときも安心。
  • 病院のデメリット
    治療法によっては痛みがある治療法もある。通院回数が多くなれば、健康保険が使えたとしても割高になる可能性がある。

<自宅>

老人性いぼに効果のあるケア商品を塗ったり、ピーリングしたりして治す方法です。
時間のない人や痛いのが苦手という人にはピッタリです。どのような商品を選ぶのか?ということで選択肢があります。

  • 老人性いぼのケア商品
    あらゆるケア商品が販売されています。自分に合ったものを購入するようにしましょう。
    ピンポイントでケアできるクリームタイプ、使いやすいジェルタイプ、少量で伸びが良いオイルタイプがあります。
    また、週に数回使うピーリングタイプのケア商品もあり、それぞれの好みによってどの商品を選ぶのかも違って来ます。

老人性いぼは若年でもできるらしい

老人性いぼは若年でもできることがあります。いぼができる原因は老人の場合と同じで、紫外線、乾燥、摩擦、体質などです。
治療に関しても特に違いがあるというわけではありません。
しかし、病院に行ったときに、老人性いぼと診断されることはなく、脂質性角化症と診断されます。やはり、若年ですから老人性~と呼ばれるとショックが大きいでしょう。

老人性いぼはそのままにしておいても治りません。大きくなるか増えて行くことになるので、早めの治療が大切です。
病院の治療と自宅でのケア方法は違いますから、それぞれのメリットとデメリットを踏まえて選ぶようにしましょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る