ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

未分類

老人性いぼを切ることはOK?

老人性いぼを切るということ

老人性いぼを切るということ

老人性いぼには大きく分けてタイプが2種類に分かれます。

  • 平らな老人性いぼ
  • 皮膚からぶら下がった老人性いぼ

この2種類です。これら2種類のいぼは同じ老人性いぼですが、形状が違います。

皮膚からぶら下がった老人性いぼは、首にできることが多いのですが、小さなぽつっとしたものからある程度の大きさになったものがあり、肌色もしくは茶色っぽい色のものができます。首にできるので、ネックレスなどを付けるときに摩擦を感じたり、引っかかったりします。その際には、少し引っ張られるような痛みがすることもあります。

このほかに、ウイルス性のいぼというものがありますが、このいぼは絶対に触ってはいけません。いぼの中にはウイルスが含まれているので、ほかの場所にいぼを作ってしまいます。ハサミで切るということはもってのほかです。

病院での治療ではハサミを使って切ることも!

皮膚科での治療で老人性いぼをハサミで切ることがあります。健康保険も適用される上に、その日に治療が終わることで即効性のある治療法だと言えます。

ただし、老人性いぼであっても、突起状になっているタイプであり、そこそこの大きさに成長した老人性いぼでないとハサミを使っての治療はできません。ですから、ある程度大きくなるまで放置することになります。さすがに、老人性いぼができれば早めにどうにかしたいものです。また、痛みもなく出血もないのでメリットが大きいように思われますが、老人性いぼを予防することはできません。言い方は悪いのですが、その場限りの治療法です・・・。老人性いぼは増えるものなので、予防が大切なのです

病院での治療法には、このほかに痛みはありますが健康保険が適用される液体窒素を使って、何度か通院していぼを焼く方法もありますし、麻酔をすることで痛みはありませんが健康保険が利かないので費用が高額になるレーザーを使った治療法があります。いずれの治療法にも、メリットやデメリットがあるので、自分に合った治療法はそれぞれ違って来るでしょう。

自宅でもハサミで切ることはOK?

自宅でもハサミを使って老人性いぼを切ってしまうことは行ってもいいのでしょうか。皮膚科で老人性いぼを切ってもらったことがあるという人は、プロである皮膚科医がいとも簡単に老人性いぼを切っているので、なんとなくできるような気がしてしまうようです。

しかし、皮膚科で使われているのは医療用のハサミであり、一般的に自宅で使うハサミとは違います。また、手際がいいのはプロだからこそであり、素人には簡単にまねできるものではないのです。さらに、老人性いぼでも大きすぎるものの場合は出血することもあり、ハサミで切ることが可能なものとそうでないものの判断も皮膚科医だからこそできるのです。素人の私たちが自己判断でハサミを使って切れそうないぼを見極めることは難しいと言えるでしょう。

自宅でもハサミで切ることはOK?

このことからも分かるように、自宅でハサミを使って老人性いぼを切ることは行わない方が良さそうです。衛生面の問題も気になります。

根本的に治すのであれば専用ジェルを使うこと

なんとなくハサミを使って老人性いぼを切ることができそうな気がするのですが、実際はそれも難しいようです。そこで気になるのが、自宅で老人性いぼを治す方法ですが、とっておきの簡単で効果的な方法があります。

老人性いぼは自宅で専用のジェルを使って治す方法があります。専用ジェルに配合されている成分も老人性いぼに効果的な成分であることから、効果の高さはお墨付きとも言えます。現在、このような自宅で老人性いぼを治す専用ジェルは多く販売されていますが、その中でも人気の商品がいくつかあるので紹介しましょう。

シルキースワン

この3つの専用ジェルは人気があるようです。ヨクイニンエキス杏仁エキスを配合しているので効果が高いのでしょう。商品を選ぶ際には、配合されている成分をチェックするようにしましょう。

老人性いぼを切ることはOK?まとめ

老人性いぼは病院で切るからこそOKですが、自宅で自己判断でハサミを使って切ることはNGです。ハサミを使って切る老人性いぼの見極めも難しいですし、衛生的にも問題があります。また、老人性いぼをハサミで切ったとしても、再び老人性いぼができる可能性も否定できませんから、予防することが大切です。顔や首、そのほかの場所に老人性いぼに効果のある専用クリームを使うことによって、老人性いぼの予防に努めましょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る