ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

老人性いぼ情報

老人性いぼが黒い!治療法はある?

黒い老人性いぼは何か違う?

黒い老人性いぼは何か違う?

黒い老人性いぼは一般的な老人性いぼと何が違うのでしょうか。一般的によく見られるのは、肌色や茶色っぽい老人性いぼなので、黒い=悪い?というような印象を持つ人もいるようです。

しかし、黒い老人性いぼは、老人性いぼの最終的な形とも言えます。よく言えば、完成された形とも言えますし、悪く言えば末期的なものと言えるでしょう。いきなり黒い老人性いぼができるというわけではなく、

  • これまであったけれど放置していた
  • これまであったけど自分に無頓着で気がつかなかった

のどちらかと言えるでしょう。ですから、年配の男性のおでこから目じりの生え際にかけて黒い老人性いぼの集合したものを見かけることが多いのです。と言うと、若い人にはできないと思われがちですが、そのようなことはありません。

黒い老人性いぼは何か違う?

若い年齢であっても、紫外線に当たる機会の多い人はできますから安心はできません。また、遺伝的にできやすい人という人もいるようです。

黒い老人性いぼの治療法

黒い老人性いぼの治療法として、いくつかの方法があります。それぞれの治療法でメリットとデメリットを含めて見て行きましょう。

液体窒素

-200℃に近い液体窒素を綿棒使ってひとつひとつ凍結させて焼いていく方法です。低温やけどさせることで黒いいぼを治します。何度か治療しなければなりません。この治療法のメリットは、健康保険が使えるので治療費の負担が少なくて済みますが、治療の回数が多いとどうしても治療費が高くつくことも想定されます。

また、デメリットは痛みがあるということです。液体窒素を使っての治療は基本的に麻酔をしないので、いぼが大きいと液体窒素を当てる時間も長くなるので痛みを感じる時間も長くなります。

液体窒素での治療法を何度か行っているのに、あまり効果が見られないという場合は、レーザー治療を打診されることもあるようです。

レーザー

レーザーを使って黒い老人性いぼを焼く方法です。健康保険が使えませんが、治療は1回で済むことが多いようです。治療費については病院によって差があることが多いので、事前に説明してもらうようにしましょう。(主に治療するいぼの個数によって治療費は変わります)この治療法のメリットは、麻酔をするので痛みがないということです。麻酔の注射でチクッとする程度です。黒いいぼができている場所が人目に付く場合は、レーザー治療も考えてみてはいかがでしょうか。

電気メス

電気メスを使って黒い老人性いぼを焼きとる方法です。健康保険が適用されますし、傷跡が残りにくいと言われています。

外科的手術

黒い老人性いぼが大きいときは、手術で取り除く方法が取られます。この場合、そのほかの病気が疑われるということも多く、病理検査を受けることもあります。その費用も掛かります。

この中で健康保険が適用されない治療法は、レーザーを使った治療法です。レーザー治療を行っているところであれば受けることができます。皮膚科や美容外科、形成外科でも行っていることもあります。健康保険が適用されないということで、それぞれの病院で設定された価格にはかなり違いがあり、意外と美容外科の方が安いということもあるようです。事前に調べてからレーザー治療を受けるようにしましょう。

老人性いぼでなく、悪性腫瘍?

老人性いぼでなく、悪性腫瘍?

老人性いぼと思っていたら、実は悪性腫瘍だったということもあるようです。どのようなときに、老人性いぼが悪性腫瘍の可能性があるのでしょうか。

  • 6㎜以上の大きないぼ
  • 急にいぼが大きくなったり、いびつな形に変わる
  • 刺激を受けやすい場所にいぼがある

このような傾向が見られたら、もしかすると悪性腫瘍なのかもしれません。一度皮膚科にで診断を受けることをお勧めします。

老人性いぼが黒い!治療法はある?まとめ

老人性いぼが黒いということは、老人性いぼを長年そのままにしておいたために黒くなったと言えます。老人性いぼができたら早めに治療することによって、黒い状態にまで進行させなくて済むでしょう。治療したら、紫外線ケアや保湿に心がけて再び老人性いぼを作らないようにしましょう。また、黒い老人性いぼかと思ったら、悪性腫瘍だったということもあるので、老人性いぼは早めに治療することが望ましいでしょう。

ヨクイニン配合の首イボ用化粧品ランキングはコチラ>>

老人性いぼを治すぞ!シルキースワンの体験レビューはこちら>>

ページの先頭へ戻る